Interview

大窪 由佳氏

大塚:大窪由佳さんにお話を伺いします。

Q.現在の職種、業界を教えてください。
・母が創業したオリジナルスキンケア「ブランネージュ化粧品」で役員・営業・広報からお客様の接客販売まで、幅広く会社のことをしています。
化粧品業界という厳しい競争社会の中で、どこにも属さないオンリーワンのスキンケアを企画製造しています。

Q.ここまでのキャリアパスを教えてください。
・神戸松蔭女子学院大学卒業後、社長秘書として就職しましたが、母が経営する会社の東京進出が決まり、新卒後1年で転職。
某百貨店化粧品売場でブランネージュ化粧品の店長として約10年の店頭業務の後、百貨店を撤退し、代官山に店舗を構え、店長として店舗を運営しながら、営業・企画などの業務を担当。1人目出産を機に、広報・PRの業務に重きを置き、今後ますます営業活動とメディア向けの広報やPRに専念していく方向です。

Q.学生時代のことからお話を聞かせてください。大学生の時、就職活動でこうだったらもっとよかったと思うことがあれば教えて頂けますか。
・女子大特有の「憧れ」を優先した就職活動をしていましたが、もっと自分のやりたいことや、専門性のある職業などを研究・追及して就職活動をしたらよかったと思っています。

Q.学生時代の就活の印象は?
・楽天的に捉えていましたが、学生と違って社会に出る厳しさを面接などで味わいました。

Q.どのように最初の就職先を選んだか教えてください。
・幼い頃から「グローバルな仕事がしたい」と思っていたので、客室乗務員の仕事を選び、就職活動をしました。

Q.就活で努力したことがあれば教えてください。
・社長秘書として就職した企業に、大学4年生からアルバイトとして勤めさせていただいていたので、就職前に企業の中を見れて、自分が社会人になったときのことをイメージしました。

Q.では現在の仕事と出会ったきっかけは何でしょうか?
・母が創業した会社で経営者です。

Q.現在の仕事に就く前と後で変化はありますか?
・仕事に関わって20年になりますが、最近やっと、まともな仕事ができるようになったな、と思っています。器が少し広がり、まともな人間になったように思います。
・20年経っても満足することはなく、理想像までにはまだまだ成長が必要だと感じます。

Q.ご自身では、どのような人と一緒に働きたいと思いますか?
・アイディアに溢れ、アイディアを形にできる人。

Q.(経営者・人事担当者として)どんな人を採用しますか?
・笑顔で、明るくて、人のことを考えられる人。

Q.就職活動する学生へ一言お願いします。
・やりたいことが実現したり、やりたいことができるまでには、小さくて地味なことの積み重ねです。そのように深さを増すことが、大きな自信になり、人に認められるようになります。

Q.復職の際は、どのようなことを心がけましたか?
・1人目の産後からの復帰の時、ステップアップしなくては意味がないと思い、育休中に資格を取りました。

Q.復職に不安はありませんでしたか?
・子供との時間の使い方に不安がありました

Q.実際に転職して、いかがでしょうか?
・時間に関しては慣れていくので問題なかったです。

Q.これまで楽しい(楽しかった)ことは何でしょうか。
・妊娠、出産、育児。これに勝る幸せで楽しいことがあるのか、と思いながら、今も産後生活を楽しんでいます。

Q. これまで大変な(だった)ことは何でしょうか?
・組織の中で働く経験が少なかったため、23歳で母の会社に入りましたが小さい会社のため役割が多く、自分の会社での立場・対企業様との立場を正当に捉えることができず、経験値が浅い時代は苦しいことばかりでした。

Q.公私共にいろいろな方々とコミュニケーションを取っていると思います。コミュニケーションで心がけていることがありましたら教えてください。
・相手に興味を持つこと、相手を受け入れること、理解しようと努力すること。
・ 優しさを持てているか、思いやりを持てているか、常にそれを意識し、反省すること。
・ 笑顔で明るく楽しくその時間を過ごすこと。

Q.人に伝える時に心がけていることがあれば教えてください。
・相手が興味を持ちそうなポイントがどこにあるかを考えて、そのポイントにフォーカスして話題を進める。

ご自身についてお聞かせください。
Q.お子さんがいてお仕事するのは、いかがですか?
・使える時間が減った分、時間の使い方を工夫したり、自分なりのルールを決めることにして、メリハリがついていいと思います。子供との時間が仕事との切り替えになり、面白いです。

Q.ご自身を構成するアイデンティティの要素は何でしょうか?
・お釈迦様の説いた仏教が好きで、説かれていることをもとに、自分を省みたり、小さいことに感謝を運ぶように努力工夫しています。

Q.幸せなのはどんな時ですか?
・子供との何てことない日常の穏やかな時間。

Q.今後のビジョンを教えてください。
・常に変化を求められる中で、正しく舵取りができて良い変化をもたらすことができるよう、日々のお仕事を丁寧に感謝をもって取り組んでいくことを基本としています。今後は、アレルギー社会に役立つ製品なので、組織全体でそれに対応できる体制を整えていきたいです。そのために、自分の役割を細かく見つめて取り組んでいこうと思っています。

Q.その他、紹介したいこと!伝えたいこと!等、何かありましたら自由にお願いします。
・ やりたいことができるようになるまでには歳月がかかります。与えられた小さなことを丁寧に取り組む姿勢は必ず人に認められるようになるので、コツコツ頑張ってください。
・ 学生時代の友達が社会に出てからもとても役に立ちます。友達を大切にしてください。

大塚:貴重なお話ありがとうございます。

大窪由佳
神戸松蔭女子学院大学卒業。
株式会社ユキコスメティックスにて勤続20年。国内・海外展開をしながら、広報PRも担当。

関連記事

PAGE TOP