Interview

伴野 文香氏

伴野 文香氏 & 大妻女子大生
インタビュアー:大妻女子大学1年 KMさん、SOさん、KNさん

学生:本日はよろしくお願いいたします。
伴野:よろしくお願いします。

SO:今の職種・業界を選んだきっかけ・理由を教えてください。
伴野:もともとソフトボールをやっていて、プロ野球を見ることが好きでした。いつしかスポーツの世界に携わる仕事がしたいと思うようになり、実況などができるアナウンサーになろうと思いました。

KN:アナウンサーと決めてからどのようなことをしましたか。
伴野:アナウンサーは大学卒が多いため、大学に進学することを決めていました。大学2年生でアナウンサースクールに入り、大学3年生で場数を踏むためにタレント活動を始めました。タレント活動では、テレビやラジオのニュースキャスターや食レポを経験しました。
出演だけではなくADのアルバイトを大学3~4年生でやりました。裏方と出役を学べる貴重な体験をしました。

SO:テレビの裏方として働こうとした理由はなんですか。
伴野:表に出る人は裏方がいることで成り立つことだと思ったからです。また、自分の就きたい世界にいたらチャンスがあるかもしれないという期待を抱き、ADの仕事もしてみようと思いました。

SO:ADをやって学んだことはなんですか。
伴野:どのような仕組みで番組が成り立つのかや、番組1つにどれほどの努力や苦労があるのかを肌で感じることができました。

SO:ADは忙しかったですか。
伴野:忙しいですね(笑)ADで一番大事なのは気遣い。周りを冷静に見る力、いま求められていることは何だろう?と自分で予測して動かないといけないので鍛えられました。

KN:アナウンサーになってみてイメージが違ったことはなんですか。
伴野:一見華やかな世界ですが、それはテレビに出演しているときだけ。
その一瞬の為に、準備の時間が多くかかりました。原稿を読んで理解する時間だったり、出演者の情報をリサーチしたりデスクワークも案外多かったです。
また自分で取材することもあったのでネタ探しから編集まで何でもやりました。

KN:フリーアナウンサーになったきっかけはなんですか。
伴野:結婚のタイミングで東京に来るのが決まったことがきっかけでした。

KN:人にものを伝えるときに心掛けていることは何ですか。
伴野:相手がどのような情報を知りたいのか自分の中でマーケティング(のようなもの)をして、必要とされている情報を発信するように心掛けています。

KM:コミュニケーションで心がけていることは何ですか。
伴野:相手の目を見て話す、そして笑顔ですね。話の内容も重要ですが、表情だけでも内容が半分以上伝わっていると思っています。表情と声の明るさに気をつけながら話すようにしています。

KM:学生時代にやっておいて良かったことと、やっておけばよかったことは何ですか。
伴野:やっておいて良かったことは、ADや歯科助手、ティッシュ配りや携帯会社のキャンペーンガールなど、様々なアルバイトをしたことで社会経験に繋がったことです。
やっておけばよかったことは、旅行と習い事です。アルバイトで貯めたお金はアナウンサーになるために使っていたので出来ませんでした。新しいものを見たりして、自分の身になるものをもっと学んでおけばよかったと思います。

KM:自分の好きなこと、やりたいことが見つかったとき何をしますか。
伴野:周りの人にとにかく相談してみることです。私も実際それをやっていて、自分が決めたことを相手に伝え、様々な選択肢やヒントをもらっていました。また誰かに話すことでやりたいことが明確になり想いが強くなりました。

KM:ご自身を構成するアイデンティティの要素はなんですか。
伴野:「人」です。私は一人でここまでやって来られたのではなく、様々な人に助けてもらい、チャンスを頂きながらここまで来ました。人との繋がりを大切にしています。

KN:短期大学卒業でもアナウンサーになることは出来ますか。
伴野:なれる可能性はあると思います。
学歴も大事ですが何よりも重要なのは個性です。例えば、全球団二軍の選手まで言える!など特技を持っていると強みになると思います。

Q.男女問わずカッコいい!魅力的!と言うのは、どんな人ですか?
伴野:よく笑っている人。そういう人は雰囲気があって、自分のスタイルや信念がある人が多い気がします。

Q.最後に私たち学生へ一言お願います。
伴野:自分の学生時代を振り返ると、もっと勉強しておけばよかったなと思うことがあります。大人になってからでも遅くはないですが、始める時期は早いに越したことはありません。いろんなことに興味を持ち、失敗を恐れず挑戦してください。無駄は1つもありませんから。

学生:ありがとうございました。
伴野:こちらこそ、ありがとうございました。

<インタビューを終えた感想>
KM
今回インタビューの機会を与えてくださった大塚先生、ありがとうございます。
最初、伴野様にお会いするときとても緊張しました。やはり友達とお話をする時と大人の方とするのでは全然違いますし、言葉使いや場の空気、表情や仕草、あらゆるところに気を使いました。社会人になったらこのようなことが毎日あるので、気持ちが引き締まった感じがします。
 インタビューを受けてみて思ったことは、目上の人のお話を聞くことは大切だということです。特に「コミュニケーションで心がけていること」と、「ご自身のアイデンティティを構成する要素は何か」の内容はこれから先の人生に必要なものだと思い、大変ためになりました。また、今までの授業とこのインタビューを通して、人生行き着く先は「人との出会い」ということを学ぶことができました。そしてこのインタビューを終えたあと、考え方が少し変わりました。今までは見た目で判断して友達を作る傾向がありましたが、この前の自己PR発表会で、ある方の発表をきっかけにお友達になりました。これも伴野様のお話を聞いていたおかげだと思います。
 短期大学は学生である時間がとても短いですが、その短い時間の中でこのような経験ができて大変嬉しく思います。半年間ありがとうございました。もし、またお世話になるようなことがありましたら、その時はよろしくお願いします。就職活動もがんばります。

SO
伴野さんはやりたいことを必ず叶えるというのがあり素敵だと思いました。考えるよりもとりあえずやってみることを優先にして動いて、アナウンサーになったということが分かりました。また、アナウンサーになる前はADのアルバイトの経験をしていたと伺い、表裏関係なく番組に携わっていてすごいと思いました。
私も、番組の裏方をやりたいと思っていたのですが、ADは忙しいので違う裏方にチャレンジしたいと思います(笑)

KN
伴野さんの、思い立ったら間髪入れずに行動するというお話がとても印象的でした。自分のやりたいことは周りに発信し時間を効率よく使っているところなど見習いたいと思うところが沢山ありました。また、アナウンサーとして色々な知識を常に収集していたりしていてとても感動しました。さらに、所作がとても綺麗でまさに憧れの女性でした。今回貴重なお話を聞くことが出来て勉強になりました。

関連記事

PAGE TOP