Interview

田中 美穂氏

田中 美穂氏 & 大妻女子大生
インタビュアー:大妻女子大学2年:木下 紗来さん、松井 りささん、伊藤 実紀さん、1年:藤崎 萌さん

学生:フリーアナウンサー(圭三プロダクション所属)田中美穂さんにお話を伺います。宜しくお願いいたします。
田中:こちらこそ、よろしくお願いいたします。

Q.なぜ今のアナウンサーになりたいと思ったのでしょうか?
田中:小学生の頃、毎朝見ていたフジテレビ「めざましテレビ」のなっちゃん(小島奈津子アナウンサー)に憧れてアナウンサーになりたいと思いました。「私も将来、なっちゃんのように明るく爽やかな笑顔で、みんなを元気づけることができる太陽のようなアナウンサーになりたい。」と思い、小学生から高校生まで放送部に入部しました。この頃から「自分は絶対にアナウンサーになる。」と思っていました(笑)

Q.どんな時にやりがいを感じますか。
田中:アナウンサーの仕事はいろいろありますが、インタビューでは、なかなかお会いできない方のお話を聞くことや、お会いした方が深い内容のお話をして下さった時は嬉しいですね。
また、取材中にスクープ映像や単独インタビューができた時はスタッフと大喜びします。みんなで協力して一つの番組を作り上げることは本当に楽しいですよ。番組を見て下さっている方に、「応援しています!」と声をかけていただくと「この仕事をしていて良かったな。」とやりがいを感じます。
生放送では、放送終了に合わせて最後の一言を言い終えることできた時は、心の中でガッツポーズをしています(笑)

Q.苦労することやつらいことはどんなことですか。
田中:アナウンサーは一見、華やかな世界に見えますが、入社してから決してそうではないと実感しました(苦笑)鹿児島での局アナ時代は、ラジオ番組でネタを探しリサーチして、取材先にアポイントを取り、マイクと収録機械を持って取材していました。取材後は局に戻って編集作業をしますが、BGMとナレーションを入れてそのまま放送できる状態に仕上げる作業をするのに徹夜をする事もありました。情報番組のリポーターの際は、突発的な事件、事故、災害などにどんな時でも対応しなければなりません。まさに24時間スタンバイの状態です。しかし、私達を必要として下さる方がいる、応援して下さる方がいると思うとがんばれます。いつでも全国各地からリポートできるように健康管理には特に気を付けています。アナウンサーは、まさに「体力」と「忍耐」が必要とされる仕事です。

Q.失敗談と乗り越えた方法について教えてください。
田中:局アナだった頃に一度だけ風邪をこじらせ、全く声が出なくなったことがありました。アナウンサーとして声が出ないことはあってはならないことです。結局その日のニュースは先輩アナウンサーに代わってもらいましたが、それ以来、絶対に喉を傷めないように細心の注意を払うように心がけています。手洗いうがいはもちろんですが外出時には必ずマスクを着用し、部屋の湿度は常に50%以上に保つようにしています。現在私はフリーランスですが、局アナとは違い代わりはいないですからね。カバンの中には常に「のど飴」も入っていますよ(笑)

Q.自分の自信に繋がった経験はありますか。
田中:フリーランスになると全ての仕事はオーディションで決まるので、毎回就職試験を受けている気分です。初めはなかなかオーディションに受からず、何度も悔し涙を流しました。しかし、自分を信じ最後まで諦めなかった結果、某情報番組のリポーターに採用された時は飛び上がって喜びました。今まで自分がやってきたことは間違いではなかったと再確認しました。学生の皆さんには、「やらずして後悔するならやって後悔」の精神で、今しかできないことにどんどんチャレンジしてもらいたいですね。

Q.仕事とプライベートを両立させるために意識していることはありますか。
田中:「仕事は家庭に持ち込まない」とよく言われますが、私の場合は自分が出演する番組は全てビデオに録画し、子ども達も含め家族みんなに批評してもらっています(笑)良い点も悪い点も指摘されること全てが勉強であり、次に生かしたいと思っています。家族の応援には感謝ですね。

Q.息抜きはどのようにしていますか。
田中:子ども達と遊んだり、美味しいものを食べたり、大好きな温泉に行ってリフレッシュします。

Q.学生時代に短大から四大へ進路変更をしたきっかけはなんですか。
田中:アナウンサー試験の条件が4年生大学卒資格者であったことや教育の分野にも興味があったので、教員免許も取得出来る4年生大学に編入することを決断しました。無事に教員免許や図書館司書の資格を取得することができました。

Q.目標とする人物はいますか。
田中:「この人」という具体的な方は特にいませんが、人物像としては、自分の主張を述べるだけではなく、相手の意見も良く聞き、全体を俯瞰し総合的に判断できる人物が理想です。

Q.仕事やご家族などコミュニケーションで心がけていることがあれば教えてください。
田中:何事もオープンに会話をすることを心がけています。わからないことや疑問に思ったことはその都度、必ず確認して曖昧にしないことですね。みんなで同じ情報を共有していないと、一人でも欠けてしまったら全てがまわらなくなってしまいますからね。もう一つは、人の話を最後まできちんと聞くことです。ついつい子どもの話など、長くて意味がわからなくなると私が勝手に解釈してしまうのですが、それでは相手が本当に言いたい事とは違う場合もあるので、時間がかかってもきちんと向き合って聞くことが大事だと思います。

Q.美穂さんからみて、男女問わずカッコいい!魅力的!と言うのは、どんな人ですか?
田中:「自分軸」がしっかりしている人ですね。人の意見に左右されず、ぶれない人は本当にカッコいい!と思います。

Q.今後の目標を教えてください。
田中:アナウンサーの仕事は体力が続く限り、続けたいと思います。また現在私は、週に一回、子ども達に日本語を教えています。今後は、教育の分野にも力を入れたいと思います。2020年に教育が大きく変革するようですが、これからは単に知識や技術を習得するだけではなく、自分で考え、判断し、それを表現いする力が必要になります。アナウンサーとして身に付けた発声・発音の基礎から正しい日本語の使い方、プレゼンテーション、スピーチ力を子ども達に伝授していきたいと思います。自分の好きな仕事で人に役立つことができればこの上ない喜びですね。

Q.最後に私たち学生へ一言お願いします。
田中:学生の皆さんには勉強だけではなく、とにかくいろいろなことを経験してもらいたいですね。多少、失敗しても学生のうちなら許されます(苦笑)失敗も勉強!!学生の今しかできないことを見つけて、思いっきり楽しんで下さい。

<インタビューを終えた感想>
木下紗来
様々な質問を通して、そこから働くことの大変さを知ることができました。職業は全然違うけれど4月からどのように働かなければいけないのかを知ることができました。
常に目標を持ち続けること、目標の人物を見つけることが自分への成長に繋がるのではないかと思いました。

松井 李紗
アナウンサーさんは常に笑顔でいなければいけなく、声の調子も整えていなければいけないのでとても大変なお仕事だなと感じました。辛いだけでなく自分が好きな仕事だとお聞きしたのでもちろん楽しい場面もあるのだなと思いました。どんな仕事に就いていても息抜きは必要でリフレッシュも大切だなと思いました。

伊東実紀
アナウンサーさんは華やかでいつも落ち着いてなんでもそつなくこなすというイメージでした。しかし、今回のインタビューでその裏にはたくさんの苦労や努力があったのだと知りました。そしてその苦労や努力があったからこそ、今の仕事に責任や誇りを持ってできているのだと感じました。
私も将来、体力が続くかぎり続けたいと思える仕事に巡り会えるよう努力したいです。
全ての質問にすごく丁寧に答えてくださり、嬉しく思いました。ありごとうございました。

藤崎 萌(1年)
今回、田中美穂さんにお話を伺ってみて声・表情・考え方がとても明るい方だということがとても印象深く残っています。
アナウンサーとしてのお仕事以外のプライベートに時間でも笑顔でハキハキとお話ししてくださる姿がとても素敵でした。
「やらずして後悔するならやって後悔」という言葉をお聞きしたときに、行動に移し後悔するよりも、行動せず後悔することのほうが長時間引きずってしまう事を思い出し、本当にその通りだと思いました。
アナウンサー、妻、母親と沢山の役割を持っていてお忙しい中、とても貴重なお話を授業中でも、授業外でも2回に分けてお会いして深くお聞きすることができました。今回お聞きしたことをこの先の学生生活、就職活動また社会人になってからも役立てていきたいです。

関連記事

PAGE TOP